ぱーぷるぴんくブログ

 ここは同人サークル”ぱーぷるぴんく”のブログです。 当サークルは主に成人向け要素を持ったフラッシュを制作しており、 その情報を発信したり、日々のちょっとした出来事について掲載しています。 ↓よかったら、見に来てください(*^_^*) pixiv http://pixiv.me/purple-pink-engine

日記

なんか、ビキニアーマーっていいですよね

ビキニアーマー



 


















最近、自分のエロに対する認識をより広く、
そして深くしていきたいが為に、ネット界を徘徊する時間が増えています。

魅力的なキャラを作るためにはどうすればいいのかって事について、
無い頭を必死にヘッドバンギングしながら模索する日々。

制服キャラばっかり描いているのも僕の趣味ではありますが、
どうせならいろんな色んなコスチュームで、
多くの人(の股間)に訴えていきたいじゃないですか!

そんな事を考えている自分の目にふと留まったのが、”ビキニアーマー”です。



おそらく僕が初めてこのコスチュームを見たのは、
小学生の時にプレイしたドラクエ3に登場した女戦士だったと思います。

あのときの自分はこのビキニアーマーの魅力に全く気が付きませんでしたが、
今見てみるとすっごく性的な存在に思えるんですよね。

ドラクエの女戦士にしたって、本人はいたってマジメにこれを着ているんでしょうけど、
この恰好で普通に歩いているということは、
商売をしている男達や、町中を走り回る子供たちの目にも止まっているわけで…。

でも、本人はきっと、そんな男達の視線を気にもせずに歩いているんですよね…。

うらやましいですね。むこうの世界ではあんな恰好した女の子が公然と街を歩き、
普通に生活している誰もがその姿を拝むことができるんですよ…(遠い目



ビキニアーマーを最初に考えた人が誰かは知りませんが、天才ですよね。
その防御面積ゆえに、実用的な装備ではないとよく言われますが、
見る分にはあれほど実用的なものはないかと思います。見る分には。

上のイラストの女の子はなんとなく描いたキャラなので設定はありませんが、
ビキニアーマー着ているキャラって気が強い女の子が多いですよね。
なんていうか、
「くっ、殺せ!」
っていうセリフがしっくりくるような子が多いですよね。

なかには気弱な子もいるのかもしれませんが、
ああいう衣装は勝気な子が着てこそ映えるのかもしれませんね。
まぁ、僕としてはおとなしい女の子に、
バツゲームと称して着せてみたい衣装でもあるのですが…(;´∀`)

妄想するのは自由ですからね! それでは!( `ー´)ノ

もしもFLASH以外で作品を作るとしたら ~ADV編~

 皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕の暮らす地域はだいぶ暑さも弱まって、比較的過ごしやすい日が続いております。
作品制作については概ね順調ではありますが、まだ公開に至るほどではありません。
作品を心待ちにしてくださってる方に対し、成果報告というかたちで誠意を示す事ができず、
申し訳ない気持ちではありますが、
自助努力可能な限りで、無理の無い制作を続けていくことをモットーに考えております。

なお、制作中の作品のポイントについてですが、
"女の子が嫌がっている姿を見たい"と思っている方に向いている作品であると思います。
…あ、考えてみたら僕の作品は嫌がっている女の子しかいませんでしたね(*'ω'*)


挨拶もほどほどに、以下、本文となります。

 FLASHは動きが表現できる魅力があるものの、他のゲーム製作ツールと比較すると、
プログラミングやらデバッグやらで必要工数が多く、ボリュームのある作品を作ろうと思うと
時間がかかってしまうという難点があります。

「んじゃあ、別に無理して動かさなくていいんじゃないの~?」
って意見もあるとは思うのですが、FLASHでゲームを作るのであれば、
FLASHの得意分野である”動き”という要素を度外視するのはもったいない気もします。

自分がこういう価値観である以上、もしも自身の作品にボリュームを求めるのであれば、
他のジャンルや制作環境で作っていくしか方法がないと思います。

以前の記事ではRPGの事について語りましたが、実はADV…つまりノベルゲームの要素で
自分のフェティシズムを発揮してみたいと思う事も、最近はよくあります。

「ノベルゲーム言うたら文章ばっかりやないか!」
って思う事もあるかもしれませんが、文章を多分に含んである作品形式であるからこそ、
登場人物の心理描写をこと細かに伝えることができるのも事実です。



例えば、好きな人に告白したいと思っている主人公がいたとします。
その主人公が告白したいという思いを、簡単な文章で伝えることはできます。
(この思いを彼女に伝えたいと思う…とか、緊張で胸がドキドキしてきた…とか)

でも、主人公の心の内に秘めている事をリアルに伝えるのであれば、
そこにはそれなりの言葉を要するというが僕の考えです。


※※※以下、どこかの誰かの葛藤の様子です※※※
告白をしたとき、彼女はどんな反応をするだろうか…
友達の関係でいればよかったって事にならないだろうか…
断られたら、僕はもう、彼女を好きでいてはいけないのだろうか…
いやいや、もし好きな人…最悪、彼氏がいたらどうするんだ!?
やべっ…イヤな事考えちまった…
なんか嫌な汗が流れてるし、ぶっちゃけ、何が正解かわからない!
でも…でもこの好きだって気持ちを打ち明けられないって辛い!
もしかしたら両想いかもしれない! …いや、そうじゃないかもしれない!
くそっ! どうすればいいんだ…
あっ、あの子が他の女子と話している。
笑っている。超可愛い。
やっぱり俺、彼女の事むちゃくちゃ好きだ…。
あの子が他の男を好きになって、付き合ってることなんて、
想像しただけで気がヘンになりそうだ!
よし…やっぱり伝えよう!
いっそ玉砕覚悟で彼女に思いを受け止めてもらおう!
それでもしダメだったら…そん時はそん時だ。
※※※オワリ※※※

…的な要素(意味不)を適格に伝えていこうとするのであれば、
セリフや表情だけでなく、言葉を通じて伝えるのが一番確実だと思うんです。

美しい文章は、時として絵による視覚表現より鮮明にその心を映し出し、
一人ひとりの心に対し、水のように浸透していくものだと思います。

ちなみに、僕が美しい文章だと感じた作品は

AIR(麻枝准さん
かまいたちの夜(我孫子武丸さん)
キノの旅(時雨沢恵一さん)
などです。

文芸の世界に堪能な方の視点で、僕が選んだ作品を見た場合、
これらの作品が良いものに映るかどうかは定かではありませんが、
僕はこの方々の表現に近づきたいと思っています。僕の作品はエロですけど(;´∀`)



こんな記事ばっかり書いていると、
「いいから今の作品に尽力しなさいよ!」
なんて思われる方もいらっしゃると思いますが、
FLASHという存在自体が、もはや終焉に抗う事のできない定め負いし仔羊である以上、
永遠の閉ざされし空間に封じ込められた後の事を考えずにはいられないのです。

まぁ、それとは別にですが…
こうして長文の記事ばかり書いていることから、
薄々気づいている方もいらっしゃると思いますが、
僕は文章を書くことも大好きです。

だから、FLASH作品がどうなろうと、ノベルゲームという作品で自分の変態性を
いかんなく発揮していきたいという気持ちは前々からありました。
実をいうと、もうそれを発揮するシチュエーションも決まっていますし、
導入部、メイン、オチについても頭の中では完全に決まっていたりします。

…まぁ、それよりも今は制作中の事に尽力するべきなのは当然だし、
これ以上みなさんの期待を裏切りたくないので、頑張ります!( ^ω^ )

 それでは、気温の変わり目は体調を崩しやすいかと思いますが、
お体をご自愛し、(性的な意味も含めて)素敵なライフを皆様が送れるよう、
心からお祈り申し上げます。…ジュワッ!( `ー´)ノ

NTRについて考えてしまう

自身の作品ではまだ表現したことはありませんが、僕は寝取られもの(通称NTR)が
好きだったりします。
精神的なショックが強いジャンルである為に、正直好みが分かれますけどね(;´・ω・)

自分の愛する彼女がチャラい男と肉体関係を結ばされたうえ、
最終的に彼女が自分よりもそのチャラい男を好きになってしまう展開は
胸が苦しくなると同時に、なんだかよくわからない興奮を覚えさせてくれます。

現実であったらたまったもんじゃないシチュですが、
チャラい男以前に、彼女のいない僕にはまったく関係ない話ですね!!!


それはさておき、寝取られものっていうと割と相思相愛の関係の二人の間に
第三者の男が割って入るパターンが多いと思います。
ほぼ恋人みたいな二人だけど、まだ告白はしておらず、
お互いに気になっているって関係…ありますよね。

そこにチャラくて積極的な男がやってきて、あの手この手で彼女と二人きりになって
「何? アイツと付き合ってんの?」
「そういうわけじゃ…ないけど…」
「じゃ、別に俺としても問題ないよね!」
「あ…だめ…っ」
と続き、最終的には…という展開。

そういう展開も大好物ではあるんですが、
片思いの女の子が他の男と付き合うっていう、普通にありうるシチュエーションこそ
最も燃えるのではないかと個人的に思うんですよね。



え~、あるところにさえない主人公がいて、
容姿、性格共にヤバイくらいに可愛いヒロインがいて、
ゲスなくらいに女の子の体ばっかり見ている男がおりました。

ヒロインはゲスな男に惚れておりました。
なぜなら、その男は普段は女子にとても優しく、容姿がとてもイケメンだからです。
一方主人公はまともに女の子と話をすることもできない奥手な殿方。
こんなにもヒロインを愛しているというのに、その愛はおろか、
存在すらろくに認識してもらえません。
自分みたいな男が彼女と付き合えるわけがないと思い、その淡い想いは
胸の内にしまっておき、悶々としながらも単調に日々を過ごしておりました。

ある日、風の噂でヒロインがゲスな男と付き合う事を知りました。
(まぁ、アイツかっこいいし、女子に優しいからな…)
彼なら、きっと彼女を幸せにしてくれるだろうと思い、
悔しさを押し殺しながら家に帰ろうとしたそのとき…。
「まーね。ラクショーよ、俺にかかれば」
「つかアイツ、むっちゃカワイイしさ、体むっちゃエロイから気になってたんよ。
 あー早くヤリてー!」
誰かと電話するゲスな男の声がしました。その男が発する言葉に主人公はぞっとしました。
「ま、今度の日曜にでも適当にデートして、その帰りに俺ん家直行して
 食っちゃうわ。ギャハハ」
その男の様子は普段の爽やか系イケメンとは似ても似つかないものでした。
(許せない…!)
そのあまりにゲスな言葉を聞いて、主人公はヒロインをなんとかして守る事を決意します。

しかし、真実をいくら話してもヒロインは当然、自分の好きな人の事を信じるわけで…。
主人公の努力もむなしく数日後…。



…とか、そういう展開のお話があったら僕に教えてください。(*'ω'*)
でも、この場合って主人公がヒロインと付き合ってないから寝取られにならないのかな?
もし寝取られにならなかったとしても、
僕はこういう”淡い思いがズタズタに切り裂かれちゃいました”系って
アリだと思うんですけどね( ^ω^ )

そういえば、中学の友達が通学中に
「両想いの前で片思いって無力だよな…」
なんていう、何かを悟ったような言葉をフッと呟いたのを覚えています。
そんな彼と会う機会はもうほとんどないですが、風の噂によれば彼女もいるし、
良いお給料のところで働けているそうで。
くそっ…幸せになりやがって…頑張れよ!

と、まぁ、無駄に長い記事になってしまいしたがこのくらいにしたいと思います。
FLASH制作についてですが、
数えきれない想定外にぶつかりながらも一応、進んでおります。
自分の作業には無駄が多いから、ひと段落ついたらそれも見直していきたいです(-_-;)

それでは。

もしもFLASH以外で作品を作るとしたら ~RPG編~

 FLASH作品の制作は今でもめっちゃ進めておりますが、
終焉が確定したことにより、僕も数年後はどんなかたちで同人の世界にいようかと
考えている今日この頃です。

 こんにちのDLsiteさんの方を見ても、ACTやらADVやらRPGやらと、
いろんな形態によるエロがたくさん販売していますよね。

 実のところ僕はFLASHだけではなく、
他ジャンルでの作品に対する創作意欲もたくさんあります。
ただ、意欲はあってもそれをかたちにするのは本当に大変なことですよね。(;´∀`)



 最近になってよく、
「僕の作品によく登場する水無月さんが異世界に迷いこんでしまったらどうなるのか?」
という謎の妄想が膨らんでおります。

 もしそうなれば、元の世界に戻るために5つの水晶を集める旅に出たりなんかして、
旅先で(性的に)大変な目に遭ったり、旅を共にする仲間にセクハラされたり、
きっと散々なんだろうなぁ…(;´・ω・)

 あ、ファンタジー路線といえば、ファンタジー系の容姿をしたキャラで
FLASH作品を制作したことなかったですね!
せっかくだからそういうキャラも出してみようかな…
拘束されてウネウネ触手プレイ的な…( ^ω^ )



 実は何年か前、僕は友達と一緒にRPGを作っていた時期があったのですが、
僕が無駄にスケールを大きくしたり、話を変えたり、難しい要素を詰め込もうとしたりと
友達をジャイアントスイングしたせいで完成には至りませんでした。
あの時は本当に申し訳ないことをした(-_-;)

 ちっちゃい頃から【RPGツクール】とか触っていましたし、
基本的な要素については理解しているんですが、
完成まで仕上げた事はないんですよね。(;´・ω・)

 そんなわけで、”いつか”作ってみたいRPGについてのお話でした(*'ω'*)

水無月さん












↑ちなみに、もしも水無月さんがファンタジー世界で戦闘に参加するのなら、
 魔法使いとか僧侶になるものだと思っています。
 剣士とかになって、攻撃しようとしてズッこけてパンチラも捨てがたいですが(´・ω・`)

僕は突然、FLASHの思い出を語りたくなった。

64428351_p0_master1200






 いつもの事ではありますが、最後の記事からずいぶんと間が開いてしまいましたね。
、本当にお久しぶりです。

 当ブログをちっとも更新しておらず、本当に申し訳ない限りです。
大なり小なりではありますが、このブログの更新を待ってくださる方もいるというのに。
;´・ω・)

 なお、この記事の内容と上記の画像は全く関係がありませんが、
当サークルは現在、お尻の部位に関するおさわりFLASHを制作中なので、
それだけご報告させていただきます。( ˘ω˘)スヤァ


すごく久しぶりなうえ、日本酒がまわった脳で記事を書いている為、
ろくな内容にならない可能性が高いですが、お付き合い頂ければ光栄に存じます。
(内容は長いので、心して読んでください!)


 まず、前の記事で書いた新作の件ですが、正直な話、難航しております。
その原因に関しては完全に自分の責任なんですが、要は”反応要素の詰め込みすぎ”です。

同じ部位であっても触られたり、舐められたりすることでこんな反応をするだろうとか、
絶頂した回数によって違う反応をさせるようにしようとか、そんな事を考えていました。
それで、いざその内容をFLASH化しようとすると、割と膨大なスクリプトの量になります。
挙句、自身でも自分のFLASHを楽しみたいがためにランダム要素を盛り込んだりして、
そのデバッグ工数を増やしてしまう始末。救いようがありませんね。

 そういった経緯があり、それなりに出来上がっていたにもかかわらず、
最近はほとんど手がつかない状況になっていたというのが正直なところです。

 そんなこんなであまり良い進捗とはいえず、皆様にろくな報告ができないのが怖くて
ブログを更新していなかったという、チキン&チキンな行為をしていた僕ですが、
やっぱり発信したくて、南部美人(お酒)の力を身にまとい、
偽りの無敵の心で文章を書いております。(*'ω'*)

 酒の力を借りて本心を言わせていただきますが、
ここに来てくれて本当にありがたいと思っています。
PV(アクセス)とかUU(訪問者)という情報でしか知ることができませんが、
その数字が僕に頑張る勇気を与えてくれているということ、つまり、
あなたが僕に頑張る勇気を与えてくれている事にほかなりません。

 だから、ありがとう。


 そうそう…そういえば、ついにFLASHが終了するそうですね。
皆様はこれを知ったとき、どんな思いを感じられたことでしょうか。

 僕がFLASHを始めたきっかけというのも、僕がまだ中学生のときにいろんなFLASHに触れ、
FLASHという存在そのものが、かけがえのない大切なものであると
脳に焼き付いていたからにほかなりません。

 僕がいっぱい笑って、いっぱい楽しませていただいたものがFLASHでした。
 笑いも、ぶっちゃけエロも、僕はFLASHにたくさんの事を与えられて育ちました。


皆様はご存知ですか?
 わさびとか、宇宙刑事ギャバンとか、ドラえもんの絵描き歌とか、ゴノレゴとか、
シャリバンとか、hattenとか、dooooraemoooooon!!!とか、ペリーとか、
muneohouseとか、マリオの曲をアカペラで歌うやつとか、
ドラミちゃんの絵描き歌とか、スピルバンとか、
white album(か~れ~を~かえして~)とか、ブルースリーが戦っているやつとか、
ピングーのやつとか、ジンギスカンとかセフィロスの歌に乗せた片翼の〇〇とか
ぴろぴとさんとか、小泉内閣では通用しない!ってやつとか、
ゲンキデスカー!ってやつとか、バスト占いのうたなどなど…

 誰がなんと言おうと、全部僕の青春ですよ!
腹が痛くなるほど笑い、それを友達にも見せて友達と一緒に笑った日々。
FLASH終焉に関する記事を検索して閲覧すると、
僕が見た記事の大半は「無くなっても誰も困らない」といった趣旨のものが多いです。
それは確かに事実です。でも、この気持ちはなんだろう?

ああ、終わってしまうんだなぁって感覚。

 僕自身が別に辛いってわけじゃないんでです。
なんだかんだいってもサポート終了の2020年までの間にも作品を残そうと
制作を続けていますから。
 でも、どういうわけか、このなんともいえない気持ちを拭う事はできないんです。

まるで住み慣れた街の商店街が閉鎖してくような…
まるで近所に住んでいた昔からの友人が遠くに引っ越してしまうような…
まるで好きな女の子が転校してしまうような…

 なんでしょうね、この気持ちは。
これじゃまるで、僕がFLASHを愛していたみたいじゃないですか、と。

そんな事、考えたこともないのに気が付いた途端、
FLASHの事が頭から離れませんよ。

 考えてみれば、僕がこうしてFLASH作品を販売し始めたのって、
何でなんだろうなって思います。

 【if.S】の頃を思い浮かべてみても、FLASHにしなければいけなかった理由なんて
何も思いつかないんです。
でも、それはいつの間にかそういう事に決まっていて、
気が付けば自分は何作もFLASH作品を販売しているんです。

きっとそれは、すっごく単純な言葉で説明できてしまうんでしょうね。
要するに僕はFLASHが”好き”だから、その媒体を使おうとしたんでしょうね。

 今見ればヘタだなぁって思う自分の絵だけど、作っているとき、
僕は水無月さんにドキドキしたし、恋もしました。
どうせエロ作るなら、自分がドキドキしながら作れる作品でありたかったから。

 自分の手でクリックする事により変化する彼女の表情、反応。
それがいつだって、作った本人である僕をドキドキさせたんです。

 RPG、ADV、ACTなどのゲームもありますが、
やはり僕はFLASHで伝える世界で好きで、今もなお、作り続けております。

 かつての自分に笑いを与え、今の自分に興奮を与えるFLASHという存在は、
僕にとってどれほど偉大で大切な存在なのかというと、僕にもわかりません。

 多くのサイトが語る”FLASHが無くなっても困らない”という結論は間違っておりませんし、
このネット界隈で考えるならば、それが事実というほかないのでしょう。

 でも、僕の中にはこんなに残っているぞ!

 それも事実ですし、同じ気持ちの方がきっと、
少なからずこのネットの中のどこかにいることでしょう。

あの時期、あの時、あの日、あの時間、僕に、僕の家族、僕の友達に、
あんなにたくさんの笑いをもたらしてくれたFLASHという存在は
僕の中に残り続けます。いつまでも、ずっと。

 ちっちゃくて飲んだくれなどうしようもないサークルだけど、
僕はFLASHをそう思っています。そしてその気持ちを発信しようと決めた
今日なのでした( ^ω^ )

ありがとうFLASH! でも、終わりまでまだまだ付き合ってもらうぞ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
作品一覧
サークルプロフィール
同人作品記事
  • 【one scene H3】進捗報告
  • 【one scene H3】進捗報告
  • 制作途中報告~尻シチュについて~
  • ”さがしもの(仮題)”途中経過報告3 ~お尻だけでは飽き足らず……~
  • "さがしもの(仮題)"途中経過報告2 ~触るなら撮れ~
  • おさわりフラッシュ"さがしもの(仮題)"途中経過報告
イラスト
  • なんか、ビキニアーマーっていいですよね
  • 僕は突然、FLASHの思い出を語りたくなった。
  • スピーディゆっくり
  • 制作途中報告~尻シチュについて~
  • 舐める(エロ絵注意)
  • 絵柄検討中…(放尿絵注意
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog