お久しぶりです。お元気でしたかっ!?(;・∀・)

 雪こそ降らないものの、まだまだ寒さは続いていますね。
僕は作業をするとき、部屋に小さなヒーターを置いているんですがこの前、
飯を食いながらニコ動を見ていたら、味噌汁を思い切りぶちまけて壊しました(;^ω^)

 ただでさえ寒いというのに、ヒーターが壊れてしまっては凍えてしまう!
かくなるうえは、女子の身体で温めさせてもらうしかありませんな!


ketu






↑  結論:尻を触って温まればいい




















 まぁ、そんな話はさておき、制作途中の作品についてもろもろお話していきたいと思います。
作品の進行度についてですが、確実に進んではいるものの、
まだ時間がかかりそうだというのが正直なところです。

 しかし、何も紹介するものが無いというのも寂しいので、一部紹介させていただきます。
syoukai






↑ …というわけで、ケツです。 

 今まで、前から見た構図がほとんどでしたがやはりそろそろ、新しい構図にも
目を向けていたいと思うんです。となればもちろん、ケツしかないですよね!(*´ω`)

 以前の作品でいえば、”いやいやエッチ”でお尻を向けた構図に挑戦したことがありました。
ただ、あのときの構図では触れる場所がアソコやアナルだったので、今回はお尻を
撫でられるようにしていきたいと思います。

 というのも、これは僕のフェチズムでしかないんですが、お尻を向けた構図に対して
僕がしたいことといえば”セクハラ”なんです。

 アソコを触ったり、アナルをいじったりするのもエロいとは思うのですが、その前に、
お尻をゆっくりと撫でまわして女の子に恥ずかしい思いをさせてやりたいんですっ!(*´ω`*)

 あと、前の作品ではありましたが、下着を降ろされてビックリするのとかいいですよね!
自分で言うのも変ですが、おさわりによる反応だけでなく、辱めに対する反応なんかがあると、
より一層エロくなると思うんですよね! 



 本当は、他にもいくつかの構図はすでに描いてあるんですが、まだまだお触りの配置が
できていなかったり、パーツ自体が完成していなかったりと、やることは山積みです(;^ω^)

 お待ちくださっている方には本当に申し訳ないと同時に、感謝の気持ちでいっぱいです。
どうか、気長にお待ちくださいませ。”ぱーぷるぴんく”は忘れたころに現れます(*^-^*)