ぱーぷるぴんくブログ

 ここは同人サークル”ぱーぷるぴんく”のブログです。 当サークルは主に成人向け要素を持ったフラッシュを制作しており、 その情報を発信したり、日々のちょっとした出来事について掲載しています。 ↓よかったら、見に来てください(*^_^*) pixiv http://pixiv.me/purple-pink-engine

【Locked Girl】ver 1.1更新のお知らせ

タイトルの通りですが、【Locked Girl】が更新されました!

まず、今回から32bitと64bitの両方が含まれるようになりました!
32bitをお使いの方、大変お待たせしました!

また、体験版も同様に32bitと64bitの両方が含まれているので、
購入をご検討の方は一度、体験版を試して頂くよう、お願い申し上げます。


また、今回の作品差し替えに伴いまして、アップデート用のデータを一部、
前倒しして収録しております。

その内容ですが、


サンプル05






縞パンとか…すごく久しぶりな気がします。

どちらもシンプルなカラーになりますが、これで僕が作った作品の中では、
【Locked Girl】が一番下着の多い作品になりますね!
…だからどうしたという話ではありますが(;^ω^)

次のアップデート内容、また、次回作についても着々と進めていきますので、
そちらの情報も公開できるようになりましたら、
こちらのブログで、または”ci-en”にて公開していきたいと思います。

それでは、失礼します!(*´▽`*)

Locked Girl
864円/ポイント10%
何をされても、何もできない。
18禁シミュレーションアプリケーション音楽あり体験版


【Locked Girl】に関するお詫び

当ブログにお越しの皆さま、いつもありがとうございます。
この記事は、【Locked Girl】をお買い上げのお客様で、
製品版を、特に支障無く遊ぶ事ができる方には関係の無い内容となります。


以下、詳細です。


この度、【Locked Girl】の体験版を遊べたにも関わらず、
製品版では遊べない
というご報告を頂きました。

この事態については、僕に大きな過失がありました。
まず、その事をお詫び致します。本当に申し訳ございませんでした。

なぜこんな事が起きてしまったのかについてですが、
理由として考えられるのは、今回ご報告してくださったユーザー様がお使いのPCが、
64bitに未対応であった可能性が考えられます。


そもそも、作品内容の説明分に”【32bitOS】では起動できません。”と書いてあるのになぜ、
体験版が起動できたのか、それが、僕の過失といえる最大の要員となります。


まず、Unityで作成したゲームは「ビルド」という工程を経て、
ユーザーの皆様方に遊んでいただける状態にできます。

このビルドを行う際、それに関わる様々な項目が英語で書かれているのですが、
その項目の中に、今回の件に大きく関与する重要な項目がありました。
簡単に言うと、
(32bitでビルドしますか? それとも64bitでビルドしますか?)
という項目です。

今まで強く意識した事が無かったのですが、その項目を選択する事で、
それぞれのbitに適した状態で、作品をビルドする事ができるみたいです。
(ゲームの処理内容によっては32bitではゲームがまともに動かないおそれもありますが)

その点をよく理解していないまま、
僕はどういうわけか予告用に登録した体験版を64bit、
製品版と一緒に登録した体験版を32bitで登録してしまっており、
また、製品版を64bitで登録していました。

つまり、32bitのPCをお持ちの方が、製品版と一緒に登録された体験版を遊んでみて、
「あ、これ遊べるなら大丈夫だ」
と思って製品版を購入し、その後起動しようとすると、
「あれ? 動かない…」
となってしまうんです。


実は以前にも当ブログではこの32bit・64bitの件については度々ご意見を頂いており、
「32bitではプレイできないから、詳細に書いた方が良い」
というご意見の後、
「32bitPCでも体験版が起動できました」
という、ほぼ真逆のご意見を頂いており、そのへんをよく理解していない僕は
(なんでそんな事が起こるんだろうなぁ)
と考えていたものの、その具体的な原因を特定するには至りませんでした。

先ほどの点を踏まえて考えるのであれば、これらのご意見は

「32bitではプレイできないから詳細に書いた方が良い」
↑ 販売予告時の体験版は64bitでビルドしているので、起動できない。

「32bitPCでも体験版が起動できました」
↑ 製品版と同時に登録した体験版は32bitでビルドしているので、起動できる。

という考えに至ります。
正直、恥ずかしさもありますがそれ以上に悔しいという気持ちが強いです。
昔の話になりますが、僕にも体験版でドキドキして購入した成人向けゲームを購入して、
ちゃんと起動しなかったという経験があります。

体験版で見た光景にドキドキし、その先を見てさらにドキドキしたいが為に購入したというのに、
それが叶わない事の歯がゆさといったらありません。

そんな思いを僕自身がさせてしまった事はとにかく悔しく、
今後は二度とこんな思いをしなく、また、させないで済むように、
このbitに関する事は肝に銘じる事と致します。


なお、今から1時間ほど前になりますが、32bitと64bitを同梱した製品版と体験版を、
DLsite様に差し替え申請させて頂きました。

念のため【one scene H3】のファイルも確認してみましたが、
こちらも64bitでビルドしてありましたので、同様に差し替え申請を行っております。

ご案内






こちらは商品紹介ページを抜粋したものですが、
製品版の差し替えが完了すると、赤い枠で囲った箇所に「最終更新日」という項目が追加され、
今日移行の日付(2018年7月15日移行)が記載されている事と思います。

誠に恐縮ではございますが、差し替えが完了し次第、
改めてダウンロードして頂きますよう、お願い申し上げます。


最後になりますが、この度はご購入者様に多大なご迷惑をお掛けしたことを
深くお詫び申し上げると共に、お買い上げくださった事に関しましては本当に、
感謝しております。

どうか、今後とも当サークルをよろしくお願い致します。失礼します。

新作【Locked Girl】発売しました!

Locked Girl
864円/ポイント10%
何をされても、何もできない。
18禁シミュレーションアプリケーション音楽あり体験版



当サークルの最新作【Locked Girl】が発売されました!

簡単ではありますが、この作品の内容についてご案内させて頂きます。
まず、今作のメインテーマは「壁尻」となっております。

とある理由で壁に体がハマってしまい、
抜け出せなくなった女の子を見つけたあなたは、
彼女が抵抗できないのをいいことに、好き勝手しちゃうという設定です。


今作では特別に、女の子のリアクションに、
「恐怖」「エッチ」という二種類をご用意しております。


「恐怖」は怯えた反応が好きな人にお楽しみ頂ける内容となっております。
また、快楽堕ちという要素は一切無く、感度が上がれば上がるほど、
女の子はより強く怯えるようになります。

これは、性的な気持ち良さが強くなればなるほど、
挿入、中出しといった要素がより現実的に、
生々しく彼女の脳裏に浮かぶことをイメージしての事です。

それだけに、あまりに救いの無い反応となっております。


一方、「エッチ」の方は「恐怖」とは真逆の要素ともいえる内容になっており、
最初は嫌がっているものの、感度が上がるにつれ、
女の子もエッチな気分になってきてしまうというものです。

最初から最後まで、リアルよりもギャグっぽさがメインになっているのが特徴です。

これは、涙を浮かべながら嫌がる女の子は苦手という方に
向いていると思います。


また、今作は「壁尻」というシチュエーションの特性上、
ア〇ルに関するおさわり要素が特徴となっております。

過去作でもア〇ルをメインとしたシチュエーションは作っておりましたが、
今作ではシリーズ初となるア〇ル挿入要素があります。


以上、軽くご説明させて頂きました。
もし今作に興味を持ち、お買い上げ頂けるのであれば、
この記事の上部にあるリンクから進んで頂き、お買い上げ頂けると、
とてもありがたいです(*^_^*)

また、体験版もご用意しておりますので、
そちらを遊んでから購入を検討される方も同様に、上記のリンクから
進んでいただければと思います。

それでは、失礼します!(´▽`)


作品一覧
サークルプロフィール
同人作品記事
  • 【one scene H3】進捗報告
  • 【one scene H3】進捗報告
  • 制作途中報告~尻シチュについて~
  • ”さがしもの(仮題)”途中経過報告3 ~お尻だけでは飽き足らず……~
  • "さがしもの(仮題)"途中経過報告2 ~触るなら撮れ~
  • おさわりフラッシュ"さがしもの(仮題)"途中経過報告
イラスト
  • なんか、ビキニアーマーっていいですよね
  • 僕は突然、FLASHの思い出を語りたくなった。
  • スピーディゆっくり
  • 制作途中報告~尻シチュについて~
  • 舐める(エロ絵注意)
  • 絵柄検討中…(放尿絵注意
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog